Dairiki

企業情報

健康経営への取り組み

行動指針

  • 1. 会社はお客様と従業員の心身の健康維持・増進を積極的にサポートしていきます。
  • 2. 従業員は自らの心身の健康を高く意識し、その維持・増進に努めます。
  • 3. 健康経営を通じて会社業績の健全かつ継続的改善を推進いたします。

健康経営宣言

『健康経営』の”シンカ”

~ 進化・深化・真価 ~

進化

PDCAをしっかり行い、
『健康経営』を更に進める。

深化

強みとするものを、
更に深堀りする。

真価

真に「価値」を感じる
価値の向上。

ダイリキが目指す「健康経営」のミッションは

健康経営

上記3つのミッションを同時並行的に実現していくことを目指して参ります。

お客様の、健康かつアクティブな人生への応援

日本は長寿国家になってはいますが、平均寿命と健康寿命(介護無しで自立して生活)には開きがあります。
本来は単に長生きするだけでなく、健康でいきいきと老後を楽しむ、つまり健康寿命を延ばすことが重要だと考えております。

平均寿命 健康寿命
男性 80.2歳 71.1歳
女性 86.6歳 74.2歳
お客様の、健康かつアクティブな人生への応援

一般的に健康にとって、「肉」のイメージは決して良好ではありませんでしたが、近年、健康寿命を延ばすには、肉が必要な食材であることが科学的に証明されてまいりました。

ダイリキは、肉を通して、お客様に活力あふれる毎日を提供することで、アクティブな肉食シニアを増進するお手伝いをして参ります。また、健康促進のためのメニュー提案、健康情報の発信に取り組むことで、「お客様の健康かつアクティブな人生を応援する企業」を目指して参ります。

働く人々の、幸せで豊かな生活実現支援

ダイリキは、従業員の幸せで豊かな生活実現支援を目指し、そのために「従業員の【働き甲斐】と【働きやすさ】の両立」に取り組みます。

働く人々の、幸せで豊かな生活実現支援

主な取り組み内容

  • (1)健康診断の100%受診
    一般検診受診率100%となるよう取り組み、再検査・要治療者への受診勧奨により重症化予防に努めます。
  • (2)協会けんぽ、産業医、保健師とのコラボヘルス
    協会けんぽ、産業医、保健師との連携を強化し、従業員の健康保持増進に努めます。
  • (3)メンタルヘルスへの取り組み
    ストレスチェックの100%実施、高ストレス者への産業医面談勧奨、社員相談窓口の設置等によりメンタルヘルスの向上に努めます。
  • (4)ワークライフバランスへの取り組み
    残業時間削減による労働時間の適正化に努めます。
    残業時間 月間22時間以内を目標にし、1分単位での残業代の支給と削減した残業代の従業員への還元にも努めます。また、連続休暇の取得率向上に努めます。
  • (5)禁煙・受動喫煙対策への取り組み
    勤務時間内禁煙に努めます。敷地内禁煙により、受動喫煙防止に努めます。
  • (6)従業員の健康増進への取り組み
    外部機関活用による福利厚生の充実化と社内運動会実施による従業員の更なる一体感の向上に努めてまいります。

会社業績の、健全かつ継続的改善推進

ダイリキは、健康経営の実現を通じ企業価値を高め、お客様と働く人々の満足度を向上することにより、会社業績の健全かつ継続的改善を目指します。

それにより、お客様と働く人々への更なる健康支援に取り組んで参ります。

推進体制

代表取締役社長をトップとし、営業部門、管理部門の役員および幹部社員で全社横断的に構成された「健康経営委員会」メンバーで推進している。「健康経営委員会」は、2ヶ月に一度開催され、経営上重要な健康診断受診率や時間外労働削減に向けた取り組み報告を行っています。

健康課題と取組内容

テーマ
健康課題
数値目標 取り組みの内容 実施規模/回数
健診・
保健指導の充実
健康診断の
受診
100% 集団健診の実施 全社/
年1回
ネットワーク健診の実施 深夜業
従事者
受診勧奨の徹底 全社/
年2回
保健指導の
徹底
100% 管理者・従業員への
教育
全社/
年1回
協会けんぽとの連携
生活習慣の改善 食生活の
改善
朝食を
毎日食べる
70%以上
健康ポイントの導入 全社/随時
健康ポータルの導入
運動習慣の
定着
1日平均歩数
8,000歩以上
歩数アプリの導入 全社/随時
健康ポイントの導入
健康ポータルの導入
禁煙の促進 喫煙率
18%
本社
就業内禁煙実施
随時
喫煙者教育の実施 全社/
年1回
メンタル
障害の予防
ストレス
チェックの実施
実施率
100%
管理者・従業員への
教育
全社/
年1回
自主チェックの推奨
過重労働の防止 残業時間の
削減
月平均
22時間以内
管理システムの導入 全社/
月間チェック
営業・管理部門の
情報交換と対策会議
全社/毎月

定量的な成果指標

2018年 2019年
健診受診率 100% 100%
ストレスチェック受診率 100% 100%
ストレスチェック上位AB判定 81.6% 82.8%
健診有所見率 46.6%
喫煙率 43.3%

定量的でない取り組み成果

残業時間削減のため、システムへの投資(タッチパネル、発注システム)を実施し、残業時間は年々減少傾向にあり、働きやすい職場環境の構築を進めてきました。そのことによりアルバイトから正社員への登用人数が年々増加傾向にあります。2020年3月段階では、店舗従業員の内アルバイトからの登用者は、61.4%を占めています。

取り組みの経営に対する影響

グループ業績は、売上高、経常利益ともに前期を上回って推移しています。

グループの業績:
単位(百万円)
2019年度 前期比
売上高 35,753 101.5%
Image