Dairiki

企業情報

SDGsへの取り組み

2015年に国連で採択された、持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、
豊かで活力ある未来をつくるため17の目標・169のターゲットを定め、2030年までの達成を目指す世界規模の取り組みです。
当社は経営理念である「価値ある経営」のもと、食を通じて国際社会が追求する社会課題の解決に貢献するため、下記の取り組みを実施しています。
今後より一層、企業価値の向上と持続的な社会の実現を目指してまいります。


海外学校建設支援活動 Image

1.海外学校建設支援活動 1.海外学校建設支援活動

20年以上前から地域や社会への貢献を継続して行ってきたダイリキ。これまでも阪神・淡路大震災の復興支援や奨学基金などに利益の一部を寄付するなど、社会貢献に取り組んできました。近年では国内だけでなく、近隣国であるカンボジアやラオス、そしてベトナムにおいて学校建設や教育支援などを実施。支援金額は毎年、税引き前の利益1%を予算とし、その年の予算にあった支援活動を行なっています。この活動には、店舗で働くアルバイトスタッフも参加し、言語や国境を越えた交流を深めています。これからも「地域支援」「社会貢献」の象徴的な活動として、学校支援を続けていきたいと考えています。


食肉のリサイクル Image

2.食肉のリサイクル 2.食肉のリサイクル

毎日、店内カットしている牛肉でお客様に提供できない箇所を飼料に食品リサイクルしています。現状では年間58tをリサイクルしており、今後もこの取り組みを推進してまいります。


ユニファイドスタッフ(障がい者)の雇用 Image

4.ユニファイドスタッフ(障がい者)の雇用 4.ユニファイドスタッフ(障がい者)の雇用

ユニファイドスタッフ(障がい者)の長期雇用を目指し、本社だけではなく店舗にユニファイドスタッフの社員を積極的に登用。担当業務は店により様々。洗い物からお惣菜の仕込み、お弁当の盛付など多岐にわたります。
彼らの能力を正確に把握し、最大限に発揮していただくことで、障がい者も健常者も関係なく、店舗運営レベルの向上につながっています。


ユニフォームのリサイクル Image

5.エコトレー使用による地球温暖化防止 5.エコトレー使用による地球温暖化防止

ダイリキでは、お客様にお渡しする商品トレーを株式会社エフピコのエコマーク認定商品エコトレー(リサイクルトレー)にすることでCO₂削減に貢献しています。2022年は年間30tのCO₂削減を目指しています。