Dairiki

企業情報

創業者より

取締役会長 髙橋 健次

お肉の専門店の
アイデンティティーを胸に、
さらに革新へ。

ダイリキ株式会社は、昭和40年に創業し、昭和42年からは大力栄養食品として、焼肉商材を販売する小売店を始めました。当時は「自宅で焼肉」という食習慣がない中での挑戦でしたが、創意工夫の元、お客さまからの人気を博し、高度経済成長という時代背景もあり、売上を大きく伸ばすことができました。

昭和47年に法人化。その後、昭和53年には、商店街の中に牛肉・豚肉・鶏肉・ホルモンなど肉を総合的に扱う食肉店を開設しました。平成に入ると、関東地区第1号店を千葉に、さらに平成5年には中京地区第1号店を名古屋にオープンさせるなど出店地域の拡大をいたしました。同年には、大阪にてリーズナブルで、かつおいしい、肉屋らしい焼肉レストランの出店を行い、外食事業に進出いたしました。その後、食肉小売事業は二度にわたるBSEの荒波を乗り越え、中・四国にまで出店地域は広がりました。平成20年10月、会社分割にともない外食事業は株式会社ワン・ダイニングが継承し、ダイリキは「お肉の小売チェーン」として展開しております。

平成27年に創業五十周年を迎えました。思い起こせば、たった3坪の店が始まりでした。
その小さな店から始まった弊社は、お客さまにいつもご利用していただける、「価値を誇れるいい店」作りを目指してまいりました。その思いが弊社を大きく成長させてきた原動力であると考えております。その基軸となるのが『基本の徹底』と『変化への対応』という考え方です。食を扱う者として常に「基本」を疎かにせず、時代やお客さまのニーズの変化に対して敏感に対応し、新たな革新を進めて参りました。

私たちは今後も「価値を誇れるいい店」作りを目指し、成長し続けていけるように全社一丸となって取り組んで参ります。

取締役会長

髙橋 健次